DAZ STUDIO でV4 Eliteをレンダリング - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

DAZ STUDIO でV4 Eliteをレンダリング

  DAZ STUDIO で、 Victoria4V4 EliteLanaテクスチャを適用したものをレンダリングしてみた。


DAZ STUDIOでレンダリングした例。 リアルな肌感だ。 髪は Posh Hair

 肌の感じがとってもリアルで、さすがという感じ。しかも、細かいパラメータ調整など全くせずにこの画像が得られるのだ。大したものである。

 いちおう、レンダリングまでの手順を書いておこう。

Lanaテクスチャをインストール。具体的には、以下をインストールする。

  • V4 Elite Texture: Lana - Part1
  • V4 Elite Texture: Lana - Part1
  • V4 Elite  Texture:Lana - DS Files
  • Elite Human Surface Shader

 Elite Human Surface Shaderはイマイチ使い方がわからないのだが、念のため。

 DAZ STUDIOを起動して、 Victoria4 を呼び出す。(参考:DAZ STUDIOからPoserライブラリを呼び出す

 

 フィギュアのどこでもいいのでパーツを選択し、Lana Elite MAT Allを適用(ダブルクリック)

 髪を呼び出したり、服を着せたり、ポーズを適用したりする。

 レンダリング(画面上部のメニューから、Render→Render)すればできあがり。

 

 うまくいかないという場合は、Render Setting(画面上部のメニューから、Render→Render Setting)を調整する必要があるかもしれない。念のため、私のRender Settingを載せておこう。


▲左はGeneralタブをクリックした状態、右はAdvancedタブをクリックした状態。特にいじってないので、デフォルト状態だと思う。

関連:
DAZ STUDIOをインストール
DAZ STUDIOからPoserライブラリを呼び出す
INJ、REM、MATってなに?
ボブカットふうショートヘア Posh Hair V4/A4/A3/V3
リアルすぎる テクスチャ&モーフセット V4 Elite Bundle
Victoria4 紹介

次のサクサクとアニメーションが出来てしまうツール aniMate (DAZ STUDIOプラグイン)へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ