Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

aniMateで作成したアニメーションをPoserで再生

  DAZ STUDIO のプラグイン、 aniMate で制作したアニメーションをPoserで再生する覚書。まずは、Poserに取り込んだムービーを見てもらおう。


▲ フィギュアは、 Michael 4 。

 流れとしてはこんな感じ。

  1. DAZ STUDIO aniMate を使ってアニメーションを作る
  2. DAZ STUDIOのプラグイン、Poser Format Export(略してPFEというらしい)を使ってpz2ファイル(Poserのポーズファイル形式)形式でExport。
  3. Poserにてフィギュアを呼び出し、Exportしたポーズファイルを適用

 では、実際にやってみよう。

やり方

前準備: 

 Poser Fromat Exporterのインストール

  →Poser Format Exporter詳細ページ

 2008年10月現在、2017年まで無料で入手出来ることになっているが、DAZの気が変わらないうちにダウンロードしておこう。0$で購入する、という手順を踏めばゲットできる。

 DAZ STUDIOを起動し、アニメーションを作成


▲ フィギュアは、 Victoria4 を使ってみた。

 これで、前準備は完了。

 続いて、Poser Format Exporterを起動しよう。私は、いったいどこから起動したらいいのかと、15分くらい悩みまくった。

 Contentタブの、Unassigned→scripts→utility→PoserFormatExpterをダブルクリック

 なんでこんな奥深くにこっそりとインストールされてるんだ。ReadMeも見当たらないし、こんなのわかんねーよとブツブツ言いながら作業を進めよう。

 Poser Format Expoterが表示されるので、以下を設定する。

  •  「Path...」「File Name」に出力先ファイル名を指定
  •  Timelineで「Animated Range」(アニメポーズを保存)を選択
  •  「StartFrame」「EndFrame」で対象フレーム範囲を指定

 後半のほうのチェックは、とりあえずデフォルトのままでいんじゃないだろうか。

 なお、ポーズファイルをPoserで使うためには、ライブラリのポーズフォルダに入れておく必要があるので、出力先を最初からポーズフォルダ内に指定してもOK。ただ、誤って関係ないファイルを上書きしたりしないように注意しよう。

(出力先をPoserライブラリのポーズフォルダに指定していない場合は)
出力したポーズファイルを以下のフォルダにコピーする

 C:\Program Files\e frontier\Poser 7\Runtime\Libraries\Pose (Poser7英語版の場合)

 Poseフォルダ直下にコピーするとファイルがごちゃごちゃになる、という場合はさらにフォルダを作って好きなように管理しよう。

Poserを起動し、ライブラリ等からフィギュアを呼び出す
Poseフォルダから、先ほどコピーしたポーズファイルを適用


▲フィギュアは Michael4 を呼び出してみた。

 アイコンが、やれやれになってしまっているけど、まあ気にせずに適用。

 これで、完了。ちなみにDAZ STUDIOでアニメ製作したときに使ったフィギュアと、Poserでのフィギュアが異なると、微妙にアニメーションもおかしくなるので注意しよう。

 ちなみに、表情ファイルをExportするには、以下のようにすればいいみたいだ。

  • フィギュアの頭部を選択
  • PoserFormatExporterの画面で「Nodes」に指定
  • 出力するファイルの拡張子を「.fc2」にする

 同じ要領で、手のポーズをExportするには、以下のような感じ。

  • フィギュアの手を選択
  • PoserFormatExporterの画面で「Nodes」に指定
  • 出力するファイルの拡張子を「.hd2」にする

 たぶん。詳しいことがわかったら、またこのページを修正するなりなんなりすることにして、今回の覚書を終わる。

関連:
サクサクとアニメーションが出来てしまうツール aniMate (DAZ STUDIOプラグイン)
DAZ3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
Michael4 Base紹介
Victoria4 紹介

次のPoser7なみにアニメ編集ができるようになるツール Animatorへ


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ