DAZ STUDIO3.0の新機能を試す「IBL/HDRIライト/AO」 - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

DAZ STUDIO3.0の新機能を試す「IBL/HDRIライト/AO」

 今回は、 DAZ STUDIO3.0 の新機能のIBL/HDRIライトとAOを試してみたい。


▲HDRIライトを適用してレンダリング。 フィギュアは Aiko4 、服は Hellsing V4 、 髪は Kishka Hair

 IBL/HDRIライトという言い回しが正しいのかどうかは未だに自信がないが、シーン全体を照らすライトのことである。光の強弱や色に画像が使われており、比較的お手軽にリアルな光を表現できるのだ。AOはPoserでは環境閉塞などと呼ばれていた機能で、私が理解しているところによると、物が密集している部分がふんわり暗くなる感じの機能である。

 ちなみにこの機能は、UberEnvironment2 というプラグインで実現している。DAZ STUDIO3.0 Advancedには最初から付属している機能だ。私はてっきり、Shader Mixerあたりで実現していると思い込んでいたので、どうやればいいんチクショー、と嘆いていたのだった。

 やり方としては、UberEnvironmentという特殊オブジェクトをシーン内に呼び出しておくだけ、という感じ。お手軽だ。

やり方

DAZ STUDIO3.0 Advancedを起動し、必要なフィギュアなどをシーンに呼び出す。
コンテンツマネージャから、DAZ Built-in Content → Lights → UberEnvironment2 の !UberEnvironment2 Base をダブルクリックでシーン内に呼び出す。

 

 

 

 Sceneパネルで、 UberEnvironment2 1 (「1」の部分は変わる可能性がある)をクリックして選択状態にする。

再びコンテンツマネージャに戻り、UberEnvironment2 の Set Quality 4Xhiをダブルクリック

 これは、計算の精度を最高にするためのものだ。レンダリングにも時間がかかるので、とりあえずレンダリングイメージを確認するだけでいいからサッと出してくれよ、という場合は「Set Quality 0XLo」あたりを適用するといいだろう。

 あとは、レンダリングすれば出来上がり。

 ちなみに、上の画像では顔に向けてスポットライトを一つ追加してある。

 さらに、UberEnvironment2 Baseのパラメータをいじると、もっと細かい調整もできるようなのだが、とりあえず今回はこんなところで覚書を終わる。

関連:
DAZ STUDIO3 Advanced リリース
DAZ STUDIO3.0の新機能を試す「IBL/HDRIライト/AO」
Aiko 4 Baseフィギュア
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
日本刀の女戦士 Hellsing V4
アニメふうミドルヘア Kishka Hair

次のDAZ STUDIO3再インストール時に、以前保存しておいた.DAZ3Dファイルが読めなくなるへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ