DAZ STUDIO 3.0 の新機能を試す 「Area Light」 - Poser覚書
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO

DAZ STUDIO 3.0 の新機能を試す 「Area Light」

 DAZ STUDIO 3.0 Advancedの新機能、Area Light。

 たぶん、点でもスポットライトでもなく、物質からぼんやり光が出るという素敵機能だ。とりあえずサンプルムービーを見てもらおう。

 地面に不自然な白い二本の棒があるだろう。それが、Area Lightである。よーく、注意してみると人間が近くに来たときに足元付近がぼんやり光っているかなぁ?という気はする。あと、画質がかなりザラザラなのは、精度の調整方法がよくわからなかったからである。この精度でも、納得がいかないくらいレンダリングに時間がかかる。


▲今回のムービーに使ったフィギュア。 Aiko4 + FOXY Hair (髪) + Justice (手足のよろい) + Fawne V4 (トップとパンツ部分)

 使い方は、DAZ Builtin-Content > Light > Uber Area Light から適当なのを呼び出しただけだ。

 どうも、マテリアル設定で実現しているっぽいのだが、本当かどうかはよくわからない。うまく使えば、暗闇でぼんやりひかるような、夜の車の計器類とか、何かにとり付かれた人の目とかに使えそうなのだが、もうちょっと精度をあげないと汚すぎる。

 とりあえず、もう少し使い方を調べることにして、今回はこのへんで覚書を終わる。 

関連:
シンプルボブカット FOXY Hair
セクシーアクションヒロイン服 Fawne V4
超リアル質感セクシーよろい Justice
Aiko 4 Baseフィギュア
DAZに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール

次の高級ハリボテ背景システム Movie Maker on DAZ STUDIOへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser最新版情報
PoserPro2014ファーストインプレッション!
これがPoserPro2014の実力か!レイトレースプレビュー、コミックプレビュー、そして物理演算がわがPoserに!
Poser10/PoserPro2014の日本語版でたー!
やはり安心の日本語版がついにきた。私も最初は日本語版にしておけばよかったなぁ。
Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。 Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。
Poser覚書> その他 > DAZ STUDIO もくじ