Millennium Cat紹介 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

Millennium Cat紹介

 今回は、私が一番初めに購入した猫フィギュア、Millenium Catを紹介したい。

 Millennium Cat(フィギュア本体+モーフターゲット)と、Classic Cat Combo(テクスチャ+MATポーズのセット)だ。本当は、Millenium Cat Bundleというセットを買えば、Millennium Cat+Classic Cat Comboが安く買えたのだが、当時の私にはそんなことはわからなかったのでしょうがない。

 とりあえず、みてもらおう。

 
▲Millenium Cat

 色んな種類の猫が勢ぞろい。テクスチャは12種類あって、MATポーズを適用すると一発で猫の種類が変わる。3000×3000となかなかの高解像度で三毛猫、シャム猫、アメリカンショートヘアーと、各種揃ってる。ほっそりした猫、ぷっくりした猫など様々だ。

 毛のふさふさ感もなかなかのもの。

 Poser付属の猫と比べると、次元が違う、といったカンジだ。


▲Poser付属の猫




▲MATポーズ適用で色んな猫に変化

 ポーズデータは10種類付属している。割と猫らしいポーズばかりだ。当たり前だが。


▲10種類のポーズデータ

 私は猫の歩行アニメーションも付属していれば言うことなかったのだが、それはぜいたくというものか。ちなみに自分で作ろうとすると結構大変である。


▲モーフターゲット

 顔は異常に細かく調整できる。耳の位置とか目の高さ、大きさ、鼻の長さなどなど。さすがに表情関連は少なめだが、「目を閉じる」「笑う」「叫ぶ」のほか、「発音 O」「発音 M」などと言った口パクモーフ(音声にあわせて表情を変えるときに重宝するモーフ)まで用意されている。

 私がPoser5男性フィギュアについで良く使うフィギュアなのであった。


▲にやりと笑う猫




Millennium Cat Bundle
Millenium Catフィギュア本体(モーフターゲットつき)と、テクスチャのセット。12種類の猫に変形するMATポーズ、10種類の猫らしいポーズが付属している。内容は、Millennium Cat+Classic Cat Combo。


購入方法はDAZ で買い物をするを参考にして下さい。

関連:
DAZ3D で買い物をする
Millennium Cat紹介

次のアニメ調男性フィギュアHiro紹介へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ