野生の動物パック Safari Bundle - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

野生の動物パック Safari Bundle

 象、しか、豹、サイ、シマウマがセットになった野生動物パック、Safari Bundleを紹介してみたい。

 やはり、目玉は象だろう。肌の感じが超リアルだ。


▲象 ぱおーん

 サイも、角の汚れ具合がなかなかのもの。動物園に行っても、象やサイなど、普段あまり見ないヤツらがいるとテンションがあがるものだが、それはフィギュアだって同じなのだ。


▲シマウマ ひひーん サイはどんな鳴き声かわからない

 シカはなんだかいまいちな感じ。というか、これはシカなんだろうか。豹はずんぐりしていて、私の想像とはちょっと異なる。もうちょっとスマートであって欲しいものだ。


▲シカ ・・・ ヒョウ ・・・ どちらも鳴き声はいまいちわからない。

 それぞれポーズデータがついている。それっぽい静止画シーンを作るなら割と簡単そうだ。

 だが、インバースキネマティクスをオンにして足を動かすと、足首がぐしゃりとねじれてしまうなど、歩きや走りアニメを作るのはちょいと大変そうだ。


Safari Bundle

 象、サイ、シマウマ、ヒョウ、シカのセット。テクスチャつきで、ポーズデータも付属している。


 

関連:

次の竜フィギュア Millennium Dragon 2.0へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ