Toon Elf アメリカ風にデフォルメされたかわいくない妖精 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

Toon Elf アメリカ風にデフォルメされたかわいくない妖精

  DAZ で、かわいくない妖精Toon Elfをゲット。


▲ゼルダの伝説の主人公のニセモノっぽいかんじ

 あとでふと気づいて、「なんでこんなものを買ってしまったんだろう」と悩んでしまいそうなフィギュアだ。購入当時、私の精神が心の闇的なものに支配されていたのかも知れない。それは言いすぎか。

 今回は、たまたまPoserを使えない環境にいるので、DAZ STUDIOでサクッとレンダリングしてみた。DAZ STUDIOのレンダリングはトゥーン(海外アニメ調)キャラに合うような、別にそうでもないような。

 付属しているのはフィギュアのみ。テクスチャは最初からついていて、ポーズなどもなしだ。シンプルである。


▲フィギュアのみ付属

 そして、いまさら気づいたのだが「クリスマス エルフ」という名前がついていて、どうやらクリスマスの妖精ということらしい。ものすごく季節外れな気がするのだが、何か意味があるのだろうか。

 そのうち、ニセゼルダの伝説ごっこでもやろうと思いつつ、今回の覚書を終わる。


 Toon Elf

 クリスマスの妖精フィギュア。帽子にも関節が入っていて、少し動かす事が可能。


 

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール

次のLiam Hiro用美少年モーフ&テクスチャセットへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ