ローポリゴン男性フィギュアセット LoRez Figures - Modern Males - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

ローポリゴン男性フィギュアセット LoRez Figures - Modern Males

 ローポリゴンの男性フィギュア4体セット、 LoRez Figures - Modern Males をゲット。


▲この中で一番強いのは…


▲俺だッ!


▲いいや、おれだ!


▲残念、俺でした!


 ポリゴン数が少ないフィギュアなので、4体出しても余裕でさくさく動かせるのだ。

付属物

  • フィギュア > P3DA_LRFigures_MM
    • 男性フィギュア4種
  • 髪 >P3DA_HairLoRes
    • 男性ヘアスタイル3種
  • ポーズ > P3DA_LRFigures_MM
    • 髪テクスチャ張り替えMATポーズ12種
    • 小物、服テクスチャ張替MATポーズ
    • 専用ポーズ12種
  • 小物 > P3DA_LRFigures_MM
    • 野球帽、カバン、サングラス、フード、口、ネクタイ、スケボー

 まず、フィギュアから。

 付属フィギュアは、長袖の若者風、サラリーマン風、フードをかぶった不審な男風、Tシャツの陽気な黒人風の4種類。なお、肌のテクスチャはアジア人、白人、白人ひげづら、黒人に切り替え可能である。Tシャツの黒人をアジア人ふうにすることも可能だ。服は、ネクタイなどの一部例外を除いてフィギュア本体と一体化している感じ。


▲デフォルト状態の4人。

 ポリゴン数は、だいたい一人当たり2,500ポリゴンといったところ。ちなみに、 Victoria4 で、約68,000ポリゴンだ。


▲かなりのローポリゴン

 各フィギュアには目玉パーツがなく、視線を変えられない。顔つきを変えたり、口を開いたり、表情を変えるモーフは仕込まれているようだ。体型についても、若干の調整はできるが、極端なおでぶさんなどは無理なようだ。

 つづいてポーズ。


▲ポーズ

 服、髪、靴、肌の色などを変えるMATポーズがたんまり付属。背景用の通行人などとして使う場合なら、まあ、これで十分かなあという気はする。

 続いて髪。


▲髪

 短髪、坊主頭、はげ上がった頭の3つが付属。他にも、テクスチャでフィギュアの頭に直書きするタイプの髪もある。

 最後に小物。


▲小物

 帽子やサングラスなどはわかるが、なぜか「口」が小物扱いになっている。口には、歯の見え具合や舌の見え具合を調整するモーフが仕込まれていた。

まとめ

 値段はやや高いように思えるが、4体分と考えると妥当なところかも知れない。「ローポリゴン」ということを前面に押し出しているだけあって軽く、複数のフィギュアを出して、いろんなポーズをつけられるのが、とても楽しい。出来れば、ローポリゴンの女性フィギュアも出してほしいところだ。


 LoRez Figures - Modern Males

 ローポリゴンで構成された、4種類の男性フィギュアセット。テクスチャや小物でかなりの数のバリエーションが実現できる。


 

関連:
ローポリゴン男性フィギュアセット LoRez Figures - Modern Males
Victoria4 紹介

次のStephanie Petit 3紹介へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ