Ron’s ブラシを片っ端から試してみた! - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

Ron’s ブラシを片っ端から試してみた!

DAZ で、RonsシリーズのPhotoshopブラシ(+スタイル)をまとめてゲットしたので、レタッチ例を紹介してみたい。

 

DAZ Install ManagerでRON'Sブラシのインストールできるの?

できる。設定画面(画面右上の歯車アイコン)から、ApplicationsでPhotoshopのパスを指定しておく。

20141204030535

新しくブラシをインストールしたら、Photoshopを起動し直すと、ブラシのリストに新ブラシが出てくるようになる。

 

Ronsブラシの基本的な使い方

  • レンダリング画像の幅が1000px以下とかだと、ブラシがデカすぎるのでブラシサイズを小さくする。
    (Photoshopのショートカットキー:キーボードの"[" "]"でブラシサイズ拡大縮小。新しいバージョンだとマウスの簡単操作で出来たかも?)
  • ブラシで描くのは、レンダリング画像とは別レイヤー。
  • 単発クリックして、ブラシの形を「置く」(ドラッグ操作でキレイに描けるブラシもあり)
  • スタイルが用意されているものは、ブラシで描いた後スタイル適用(スタイルは、ウインドウ→スタイルで表示できる)
  • ブラシを回転させたい場合は、ブラシ→ブラシの先端のシェイプで、○に+が描かれている部分をドラッグすると向きを変えられる。ただ、向きを変えると違和感バリバリになるものも多い。

そんな感じ。

 

じゃあ、実際に使った例を紹介していこう。
熟練すれば、もっとクォリティの高いレタッチが出来るんだと思う。たぶん。

 

RONSブラシのレタッチ例

 

Rons Suds 泡のブラシ

awa20141204020602

違和感なく人体に貼り付けるのがすっごい難しい。
ちょっと使いこなせる気がしない…

 

Rons Bokeh ボケ? 光の乱反射っぽいブラシ

bokah20141204013700

適当に白で描いていくだけでも、幻想的なイメージというかなんというか、それっぽく出来る。まあまあ使いやすい。

関係ないけど、ボケって英語でbokehって書くの? 英語だったとは…。ツッコミっていう英語もあったりしないだろうな。

 

Rons Condensation 濡れたガラスとか濡れた金属を表現できるブラシ

condensation20141204014357


濡れた人体も表現できるようなのだが…ちょっと使い方が難しい。要練習。

 

Rons Hydro Explosion 水をバッシャァ!とぶちまけたような表現ができるブラシ


hydroexplosion2014120401522

 

殴られて汗がバッシャ!とか、濡れた髪を振り回してバッシャ!とか、色々遊べる。人間の背面レイヤーと前面レイヤーに異なるバッシャを置くとそれっぽくなる。

 

Rons Light and Shadows 光と影のブラシ。すっごい種類のブラシがついてる。

lightshadow20141204022712

 

これは使いやすい。背景とか、ブラインドの影とか、ネオンのロゴとか色々ある。背景にまよったら、このブラシで適当にでっち上げるのも悪くない。

サングラスの背景反射とか、木の影、窓の影と、使い切れないくらいのデータが付属。オススメ。

 

 

Rons Magical Snow 雪のブラシ

magicalsnow20141204015444

 

あれ?フラッシュの乱反射は別のブラシだったかな? 雪のシーンを作るにはまあまあいいかも知れない。

 

Rons Particles 派手な火花のブラシ+スタイル

particle20141204015835

 

ブラシで描いて、スタイル適用でノーマル火花、魔法っぽい火花、サイバーっぽい火花などなどに変化。
派手なシーンを作るときに楽。適当に使ってもそれっぽく見える。

 

Rons Rain 降ってくる雨と、地面ではじける雨粒が描けるブラシ

rain20141204012513

屋根の下に流れ落ちる雨など、けっこうバリエーションあり。地面で飛び散る雨は、背景に合わせて縦方向に縮小するとそれっぽく見える。
けっこういい。

 

Rons Slime ねっちょ~とした粘液を描けるブラシと、スタイルのセット。

slime20141204013310

 

ブラシで適当に描いて…というか、粘液を置いて、スタイル適用で半透明、血液っぽいの、緑色の粘液と、色んなバリエーションの粘液に変化する。

血の質感はいまいちかな。 「ホラー用」みたいな扱いだが、エロい画像を作るのに活躍するかも知れない。

 

Rons Steam and Smoke 煙もくもくブラシ

smoke20141204020022

適当にブラシを重ねるだけでも、それっぽい煙ができる。やはり人物の前後に別レイヤーで煙を配置したほうがそれっぽくなる。

意外と、使いドコロは多いかも?

 

まとめ

 

今回入手したのは以上。

 

いずれも使いすぎると、なんだかうざい感じになってしまう。面白いんだけど。

 

他にもまだまだあるので、レタッチに興味がある人はチェックしてみるといいかも知れない。

 

>>>その他のRONSブラシはこちら

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる

次の血まみれ武器Improvised Z Weapons と 乳首アピールへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ