DAZ3Dフィギュアをインストールしてみる - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

DAZ3Dフィギュアをインストールしてみる


 DAZのフィギュアには、インストーラがついているので、ファイルをダブルクリック後はNextやYesを連打してればインストールは簡単に出来る。

 しかし、英語ということもあって、最初の頃はちょっとビビってしまうものなのだ。知らないうちに、何かとんでもないことにYesと答えてしまってるんじゃないだろうかという恐怖である。という訳で、インストール手順を覚書してみたい。

 今回は、 プラチナクラブ 入会時にタダでゲットした、「The Freak」という大男フィギュアをインストールしてみよう。

 私は現実の世界では美しい女性が好きだが、Poser関連ではおっさんキャラが大好きだ。ちょっと変なポーズをとっただけでくすくす笑いがもれるからである。

 では、やってみよう。まずは、インストール用ファイルをダブルクリック。


▲インストール用ファイル「ps_pe040_FREAK.exe」をダブルクリック。

 セットアップ画面になり、「Would you like to include an uninstaller?」と聞かれる。これは、「アンインストーラーもインストールするか?」と聞いている。はいと答えると、後から簡単にこのフィギュアのアンインストールが出来るのだ。どちらでもいいが、私は面倒なのでいつも「はい」にしている。ずっとあとになって、スタートメニューに山ほどアンインストールの項目が並んで後悔してからは「いいえ」を選ぶことが多い。だって、タダのデータだからアンインストールなんかする必要は特にないのだ。


▲アンインストーラーもインストールする?

 続いて、「フィギュアをあなたのコンピュータにインストールします。他のプログラムは、セットアップ前に終了させておくことを強くオススメします」とか、「Cancelをクリックするとセットアッププログラムを中止します」「Nextをクリックすると、セットアッププログラムを続けます」とか、「このプログラムは著作権法によって守られているぞ」などが書かれた画面。

 あまり気にせず、「Next」をクリック。


▲あまり気にせずNext

 使用許諾画面だ。本当はちゃんと全文を読んで、納得してからYesをクリックだが、そんなの読んでられない。けど、読んでなくてもYesをクリックしたら同意したことになるのだ。

 ともかく、Yesをクリックして先に進む。

 本格的に読むという人は、「Print」で全文を印刷できる。


▲使用許諾。本当は全文読まないといけないが

 Target Application、つまり、使用するのはPoserかDAZ STUDIOかを選択する画面。Poser4もしくはPoser5時代に作られたフィギュアが多いので、Poser6という選択肢は出てこないことが多い。そんなときは、「Poser (All Files)」を選ぼう。

 もっと古いフィギュアでは、Poser4(P4と略されることもある)か、Poser4 Pro-Pack(PPと略されることもある)かどっちだと聞かれることもある。どっちでもねえよと言いたいところを我慢して、Poser6ユーザはPPの方を選ぼう。

 ※古いフィギュアはいきなりインストール先ディレクトリを聞いてくることもあります。


▲PoserかDAZ STUDIOか?

 DAZ STUDIOを選んだ場合は、こんな画面になる。インストールするディレクトリは、DAZ|Studio known directories(DAZ STUDIOに登録してあるディレクトリ)か、Specified directory(ディレクトリ指定)かどちらかをさらに選ぶ。


▲どっちかを選ぶ

 DAZ|Studio known directoriesには、DAZ STUDIOに登録したディレクトリが出てくる。DAZ STUDIOへのディレクトリ登録の仕方は、DAZ STUDIO起動後、EDIT>Preferenceを選び、DirectoriesのPoserContent DirectoriesにAddをクリックしてから登録するディレクトリを指定すればOKだ。

 もし、ディレクトリ登録したい!という人は、いったんインストールをキャンセルしてからDAZ STUDIOを起動して登録しよう。


DAZ STUDIOのEdit>Preferencesを選び…


▲Directoriesタブをクリック、Poser Content Directories(Poserのデータがあるディレクトリ)にAddで登録

  一方、Target Applicationで「Poser」を選んだ人は、こんな画面が出てくる。Search for Poserをクリックすると、Poserのインストールされてるディレクトリを探してくれるが、時間がかかるので自分で指定した方がいいだろう。


▲Poserを選んだ場合

 通常ならば、Destination Directory(インストール先のディレクトリ)は、
 c:\program files\curious labs\poser6j
 だ。

 最初から付属しているフィギュアと、後からインストールしたフィギュアを分けておきたいという人は、
 c:\program files\curious labs\poser6j\downloads
 でもいい。

 入力したらNextをクリック。

 すると、ここにインストールするけど、いいんだなという確認の画面が出てくる。良ければ、さらにNextをクリック。


▲このディレクトリにインストールするけどいいの?

 小さいウインドウが出てきて、青いバーがびゅーんと伸びていく。インストール中なのである。しばらく待とう。


▲インストール中。

 インストール成功のメッセージ。これでもう、インストールは完了しているのだが、一応Nextをクリック。


▲インストール完了

 ReadMe(ちょっとした説明書)を読む場合は、View ReadMeにチェックをつけて、Closeをクリック。読んでもよくわかんない場合も多いが、読みたい人は読もう。



 これでインストールは完了。お疲れ様なのである。

 じゃあ、ちょっとインストールしたフィギュアを見てみよう。


The Freak

 肌も青くて、魔界の住人のようである。周囲の子供が皆泣いてしまいそうな雰囲気をかもし出している。雰囲気を和ませようと思って、専用のサンタの服を着せた。

 
▲サンタの服を着せたが

 プレゼントに魔物の臓物を配ってそうな、魔界のサンタが出来上がり。余計に怖くなってしまったのだった。

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
ドでかい男フィギュア The FREAKフィギュア
DAZ3D プラチナクラブに入会してみる

次のDavid3.0 紹介へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ