馬のクラ Spanish Tack for the Millennium Horse - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

馬のクラ Spanish Tack for the Millennium Horse


 馬に乗るときには必須と言える、馬のクラ、Spanish Tack for the Millennium Horseを紹介したい。 プラチナクラブ のボーナスパックで無料ゲットしたものである。上の画像はちょっと手を加えて、拳の王っぽくしてみた。馬はMillennium Horse LE、乗っているのはThe FREAK、服はShadow Plateだ。

 付属品は以下の通り。

  • フィギュア
    • 馬のクラ
    • 馬のたづな

 シンプルだ。

 Poser4用とそれ以降用(PP-P6)の二種類が付属。Poser6ユーザはPP-P6の方を使おう。テクスチャなどは、呼び出したらすでに適用されている。

 このアイテム、乗馬の際には必須だからか、やけに高い。私は プラチナクラブ のボーナスパックで無料ゲットした。ちなみに、馬のクラシリーズには、Western Horse Tack for the Millennium Horse(ウエスタン風 馬のクラ)、English Tack for the Millennium Horse(英国式 馬のクラ)、Dragon Lord Horse Armor(ドラゴンロード用馬のクラ +よろい)がある。

 さて、ここで唐突にVue5環境にインポートしてレンダリングしてみよう。


▲絵になるような気がしないでもない Vue5での画像

 うん、やはり背景がつくとかっこいい。今回紹介したい馬のクラはよく見えないが、かっこいい。最後に馬のクラとたづながよく見える画像を作っておこう。

関連:
FREAK鎧 Shadow Plate
ドでかい男フィギュア The FREAKフィギュア
DAZ3D プラチナクラブに入会してみる

次の野生の動物パック Safari Bundleへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ