国産車っぽいスポーツカーフィギュア Fast and Ferocious Tuner - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

国産車っぽいスポーツカーフィギュア Fast and Ferocious Tuner

  DAZ にて、Fast & Ferocious Tunerをゲット。


▲適当にでっちあげたムービー

  Adobe premiere Elements 7 を入手したので調子に乗ってムービー化してみた。まあ、ムービー化という大げさなものではなく、自動ムービー化機能みたいなのを使って、ソフトにPVふう動画をでっちあげてもらったというわけだ。


▲ド派手なスポーツカー

 超かっこいいスポーツカー。3DCGと車というのは相性がいいのかも知れない。

 


▲静止画レンダリングは上々

 車内もちゃんとモデリングされている。


▲車内

 ただし、Poser化がめちゃめちゃ雑である。静止画で、せいぜいドアを開ける程度ならば問題はないかも知れない。


▲全て三角ポリゴンで、めちゃめちゃ細かい。 約29万ポリゴンだった。呼び出すだけですごいメモリを食う。

 タイヤは一応回転するようになっているが、軸の中心がズレているのか回転がガタつく。前輪が左右に曲がらない。内装をドラッグすると、なぜか内装だけ移動できてしまうなど、アニメーションさせようとすると困る部分がたくさんある。

 たぶん、MAXあたりでモデリングがうまい人が、ちょちょいとPoser化して売ってみた、みたいな製品なんじゃないだろうか。

付属品

  • フィギュア
    • スポーツカー x3種

 Poser化、という面では色々気になるものの、3種のスポーツカーは、ただテクスチャを張り替えただけではない。よく見ると、リアウイングだとかフロント周りが3台とも違うのだ。


▲テクスチャだけでなく、フロント周りが違う

まとめ

 造形はとても良くできているので、静止画には十分なクォリティだと思う。けど、やはり、Poser化部分が残念。DAZで扱っているフィギュアなのに、そういうとこはチェックしてないんだな、とちょいと驚いた。価格は、定価の約$16だとちょっと高く感じるので、大安売りセールなんかの対象になっていたら検討すればいいんじゃないだろうか。


  Fast & Ferocious Tuner

 3種類のスポーツカーフィギュアがセットになっている。三台は、それぞれテクスチャだけでなく微妙に形状が異なっている。


 

関連:
使い勝手がヤケにいい低価格動画編集ソフト Adobe premiere Elements
DAZ3D3Dに無料登録してみる
国産車っぽいスポーツカーフィギュア Fast and Ferocious Tuner

次のスパイが乗っていそうな(?)車フィギュア Spy Car V12へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ