3Dひもぐるぐるシステム GordianKnot - Poser覚書
Poser覚書> その他レポート > ツール

3Dひもぐるぐるシステム GordianKnot

 Poser++さんのサイトをなんとなく見ていたら、恐るべき技術を注ぎ込んだツールがひっそりと公開されていた。


▲3Dひもぐるぐるシステム GordianKnot

 これは、リアルタイムに当たり判定を行いながら、3D形状に沿って紐をぐるぐる巻く、という見たことも聞いたこともないツールだ。ぐるぐる巻いたひもは、3Dデータとしてobj形式で出力して、他の3Dソフトなんかで使うことができる。

 私のような低俗な人間は、SM的な用途に使うものだな、という考えが真っ先に頭に浮かんだが、きっと幅広く応用出来るものと思う。

GordianKnotダウンロードページ

 .NetFramework2.0 ServicePack1(x86)が必要なので、OSに適用していない人はダウンロード&インストールしておこう。

ちょっと使ってみる

 まずは、適当なobj形式のファイルをインポートしておこう。

 適当なobj形式のファイルを用意し、画面上部のメニューFile→Import Objectを選択して、データを取り込む。

 私は、ちょうどそのとき触っていたmakehumanの人間データを取り込んでみた。

 画面に取り込んだデータが表示されたら、画面左の「Drop Item」のところにあるアイコンを3D表示エリアにドラッグ&ドロップしよう。両端の丸い、バトンのようなものが表示される。

 そしたら、バトンの端のまるっとしている部分をドラッグして、3D形状に「巻きつける」のだ。何かに当たると、自動的に関節球が増えて、形状にそって曲がってくれる。


▲ぐるぐる巻こう

 デモムービーを見ると、さらにもっと色んなことができそうな感じだった。

 なお、巻き終わったら、画面左の「Render Mode」をクリックすると、ひもになった状態を確認することができる。

 さらに、Renderモードでは、File→Exportで、「ひも」をobj形式にexportできるのだ。

まとめ

 「何かに沿ったひも」や、「結び目」を簡単に作ることのできるツールのようだ。もう少し使い込んでみることにして、今回の覚書を終わる。

関連:
人型obj簡単作成ツール makehuman ダウンロード編

次のGordianKnotで結び目を作るへ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser最新版情報
PoserPro2014ファーストインプレッション!
これがPoserPro2014の実力か!レイトレースプレビュー、コミックプレビュー、そして物理演算がわがPoserに!
Poser10/PoserPro2014の日本語版でたー!
やはり安心の日本語版がついにきた。私も最初は日本語版にしておけばよかったなぁ。
Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。 Poser製品情報に、さらに詳細な情報があります。
Poser覚書> その他レポート > ツール もくじ