Poser覚書> その他レポート > ツール

フィギュアの体のパーツに合わせて、服オブジェクトを自動分割してくれる AutoGroupEditor

 Poserの服作り補助ツール、AutoGroupEditorを紹介してみたい。


Aiko3 を読みこんでみたところ

 Poserの服作りの一般的な流れは以下のような感じである。そして、その手順のうち2の部分を割と楽にやってくれるツールである。

  1. 服の形状(obj)を作る
  2. フィギュア本体に合わせて、服の形状を分割する
  3. フィギュア本体の関節に服のパーツを割り当てる
  4. パーツ変形時の影響範囲(ジョイントパラメータ)を設定

 フィギュア本体と自作の服objを読み込ませて、自動分割ボタン(AutoGroupまたはAutoGroup2ボタン)をクリックすると、自動的に服を分割してくれる。さらに、気に入らないところは手動で分割しなおすこともできるのだ。

 そう書くととても素晴らしいツールのように思えるの。だが、いくつか使いづらい点があって、しかも、もうアップデートされていないので超おすすめツールというわけではない。便利なんだけど、かゆいとこに手が届いていない感じなのだ。

使いづらい点

  • フィギュア読み込みが遅い。読み込み時に、10人のうち8人はフリーズしたと思って強制終了させると思う。(数分~マシンによっては20分くらいかかる)
  • 自動分割の仕方が結構汚い。手動での手直しが必須
  • 手動修正時の、ポリゴン選択がめちゃめちゃやりにくい

素晴らしい点

  • 分割して、パーツに正しいパーツ名を自動的につけてくれる
  • 分割は汚いけども、ちゃんと親子関係に沿った感じで正しく分割してくれる。
  • どう分割していいかわかんない初心者のころには、めちゃめちゃありがたい

 私は最終的に、AutoGroupEditorで自動分割して、細かい修正はモデリングソフト上でやる、という流れに落ち着いた。さらに、インストール時の注意を書いておこう。私はけっこう、これで悩みまくったのだ。

インストール時の注意

 インストール時に、Registration NameとKeyを入力する画面が出てくる。
 付属ファイルのRegistration_num.txtの1行目をNameに、2行目をKeyのとこにコピーして、OKをクリック。


▲Registrationの画面

 このあとは、特に問題なく進み、インストールは完了する。
 しかし、しばらくツールを使っていると、以下の恐るべきエラーメッセージが出てくる。


▲Your temporary key has expired ... (あなたの登録コードは期限切れになりました、というようなことが書いてある)

 そして、再びRegistrationの画面が表示される。今度は、Registration_num.txtのコードを入力しても無駄だ。どうすればいいかというと、 Renderosity にログインして、Site Mailを確認しよう。

 Renderosity トップページ右のMember Linksから、Site Mailを選択

 これは、Renderosity内の会員用メールボックスみたいなもんだ。「AutoGroupEditor Registration」というメールが届いているはずなので、これを開く。

 

 メール内の「Name」「Key」のとこに表示されている文字列を、AutoGroupEditorのRegistrationウインドウにコピー&ペーストすれば、無事に登録完了。

 なんと、付属の「Registration_num.txt」に書かれていたのは、一定期間しか使えないコードだったのだ。Site Mailのコードを入力してはじめて、正式に登録が完了するというわけである。

 当時、そんなことがわかんなかった私は、なんだなんだと一週間くらい悩みまくった。

 そして、今見てみたら、サポートフォーラムとかデモビデオのリンク先が消失していて、なんだかやばそうである。ここまで書いておいてなんだが、今からこれを購入しようという人は、別プロダクトなどを検討したほうがいいかも知れない。

関連:
Renderosityに会員登録してみる
Aiko3.0フィギュア紹介

次のPzrXml2.0 Poserに自由にGUIを追加するためのツールへ


Poser覚書> その他レポート > ツール もくじ