DAZ3D/Bryce/Poser/Vueでレンダリング比較 - Poser覚書
Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般

DAZ3D/Bryce/Poser/Vueでレンダリング比較


 DAZの大きなおっさんフィギュア、The Freakを入手したので、レンダリングをしてみたい。

  今回は、ちょっと趣向を変えて色んなソフトでレンダリングをしてみたい。私は、使いこなしてないくせに無駄に3Dソフトを購入しているので、滅多に起動しないBryceなんかもたまには役に立ててみたいというわけだ。

 まずは、Poser6でレンダリング。

 
▲Poser6でレンダリングした 大男

 なかなかの大男っぷりである。人を部屋の隅っこに追い詰めてぐりぐりと小突きながら脅かしそうな雰囲気が満載だ。影のつき方もリアルな感じ。レンダリング精度は中ぐらいを選んである。以降、レンダリングの出来を比べるのに、Poser6のレンダリング結果を基準にしていこう。

 続いて、DAZ STUDIO


DAZ STUDIOでレンダリングした大男

 基本機能はほぼPoserの持っているものを揃えているものの、レンダリング能力はいまいちというイメージがあるDAZ STUDIO。しかし、仕上がりはなかなかきれいである。特に、服の模様がPoserよりもキレイに出ている。一番精度の高いレンダリングを行った。

 続いて、DAZ STUDIOから、Bryce用のデータを書き出し(エクスポート)してみよう。Bryceは、DAZで販売している景観ソフト(景色などを作るためのソフト)である。バージョンは5だ。

 
▲Bryce5でレンダリングした大男

 Bryce5は、私が使い方をほとんどマスターしてなくて、レンダリング精度のオプションも適当だ。そのせいか、大男の肌が、なんだか岩のようにざらざらしている。最新版のBryce5.5にアップグレードすれば、また違った結果になるのかも知れない。

 最後にVue。これはPoserとの連携が優れている景観ソフトである。(参考:Vue5 覚書


▲Vueでレンダリングした大男

 服が毛糸っぽく見えてしまっているが、なかなかの出来ばえ。レンダリング精度は「最終レンダリング」を選んだ。影の出来方も、なんだか屋外っぽくていいんじゃないだろうか。(関連:Poserから取り込み

 ついでに、Vueで少し遊んでみよう。


▲ペンギンたちの楽園で凄む大男 eco-system使用 


▲しょんぼりした犬に囲まれる大男 eco-systemIBL使用

 4パターン試した結果、屋外のシーンなら間違いなくVue、屋内のリアルなシーンならPoserという感じだろうか。Bryceは、未知数という感じである。DAZ STUDIOは、フリーのソフトにしてはがんばっているといえるだろう。

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
ドでかい男フィギュア The FREAKフィギュア

次のMilleniumBaby フィギュア紹介へ
コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> フィギュアレポート > DAZ全般 もくじ