Poser覚書> その他 > メモなど

Bryce6 こまごましたことメモ

 Bryce 6に関するこまごましたことのメモ。

ピントの合っている物体以外はぼやけさせる機能(被写界深度)の使い方
 →レンダリングオプションでPremiumを選び、「Depth of Field」にチェック。Set to Current Selectionで、選択状態の物体にピントを合わせる、という感じのような気がする。

付属のコンテンツ、「Bryce 4 Model Libraries」をオブジェクトライブラリ(?Createの横の三角を押すと出てくるやつ)に登録しようとすると、Crashダイアログが出て、Bryceごと落ちた。
 →旧バージョンを読もうとすると落ちるのか? じゃあ、おまけコンテンツにつけなきゃいいのに…

Sky LabでHDRI画像を指定すると、「please choose a probe hdr file!」とエラーが出て読み込んでくれない。
 →HDRI画像には4種類あって、私が持ってるのはspherical mapという、世界地図のメルカトル図法っぽいやつ。球状のprobeタイプじゃないと読み込んでくれないということか。

レンダリング後にRenderReportが表示されるが、RenderReportを閉じると「跡」が残ってしまうことがある。
 →Bryce 6をいったん最小化して元に戻せばOK

関連:
Bryce6製品情報
奥行き感を出してみる(被写界深度)

次の2ちゃんねる経由のリンクを遮断へ


Poser覚書> その他 > メモなど もくじ