Poser覚書> その他 > メモなど

超絶美しいLux Render連携プラグイン、 Reality 3 for Poserをゲット!

無料の外部レンダラー、Lux Renderと連携するためのPoserプラグイン、Reality 3 for Poserをゲット。

image

 

うーん、細かい部分は、現時点ではさっぱりわからん。

 

Poser9 SR3または、Poser10SR3で使えるらしい。それ以前のバージョンはダメっぽい。もちろん、PoserPro2012、PoserPro2014でも使える。

 

とりあえずインストールする手順

 

Lux Render 1.3.1をインストールする。

Download LuxRender – Pret-a-3D

 

Windows のところの、Download Lux Render 1.3.1 32Bit または 64Bitをダウンロード。グラボによっては、with OpenCL を選ぶとレンダリングが速くできるらしいけど、よくわからない。

 

image

 

reality_3_for_poser_w64.zip  ( 64ビット版の場合)を解凍して、

Poserのインストールディレクトリ> Runtime > Python >addons に、 フォルダRealityをコピーする。

 

realitypropandlights.zipを解凍して、Runtime以下をPoserのライブラリにコピーする。フツーにzipインストールしてもOK。( Contentタブから、 Install from ZIP Archive… を選んでもOK)

 

Poser起動後、Window>Addons>Realityを選択して、Realityウインドウを表示。

 

image

image
▲中央やや左の縦長なやつがRealityのウインドウ

 

ウインドウの下の方に、「Reality Render Editor」っていうのがあるので、クリックすると、アクティベートウインドウが出てくる。

image

 

First Nameに「姓」、Last Nameに「名」(ローマ字で)、Order Numberは、注文番号(購入時に送られるメールにOrder#という表記があるはず)、Serial Number/License Keyにシリアル番号(これもメールで送られてくるはず)、e-mailには自分のメールアドレスを入力して、「Automatic」をクリックすると、アクティベート(ライセンス認証)が行われる。

20140624.012

 

こういう画面が出てくる。こいつが「Reality Render Editor」ってやつらしい。

image

 

ざっくりすぎる使い方

 

シーンにフィギュアなどを呼び出す。で、ライブラリのライトに「Reality」っていうフォルダができているはずなので、そこで、好きなライトを設定。

image

屋外、屋内と何種類かあるみたい。IBL何とかを適用しておくといいんじゃないだろうか。

 

あと、なぜか、Render>Render Dimensionで描画サイズを設定しないとエラーがでるので、設定しておこう。

 

image

 

で、Reality Render Editorを呼びだし、Render Frameをクリックすれば描画開始である。

 

image
▲色々設定項目はあるけど、とりあえず「Render Frame」をクリック

 

image
▲Lux Renderの画面

 

綺麗な画像がレンダリングされるのだが、すんごい時間がかかる。

 

image
Aiko6 をReality 3で描画!

 

50分たったけど、まだザラザラしてるなぁ…なんか、パラメータの調整が足りないのかな?まあ、ちょっとずついじっていくことにして、きょうのところはこのへんでRelity3の覚書を終わる。

 

>>>超絶美しいLUXレンダーとの連携プラグイン Reality 3 for Poser

関連:
ついにきたAiko6! 半アニメ調Genesis 2 Femaleベースフィギュア
超絶美しいLux Render連携プラグイン、 Reality 3 for Poserをゲット!

次のシャークネードってこんな映画?へ


Poser覚書> その他 > メモなど もくじ