半デフォルメ調 女性フィギュア Aiko5 - Poser覚書
Poser覚書>

半デフォルメ調 女性フィギュア Aiko5

  DAZ の半デフォルメ調女性フィギュア、Aiko5 をゲット。


▲ 髪: Osaka Hair 服: Bow Dress and Boots 。

背景は以下の素材を使用した。


Charleston Hotel Room / Mr. T in DC

 Aiko5 は、もともとDAZ STUDIO専用フィギュアで、Poserでは使えなかった。しかし、 DSON Importer for Poser (無料) というツールを使うことによって、
 Poserシーン内に呼び出すことが出来るのだ。

Aiko 5 を呼び出すために必要なツールやデータ

 Aiko5を使うには、Genesis(ジェネシス)というベースフィギュアが必要だ。Genesisは、DSON Import for Poser をゲットすることで、ダウンロード出来るようになる。

  • DSON Importer for Poser
  • Genesis Starter Essentials(Genesis本体無料版)
  • Genesis Starter Essentials - Poser Companion (GenesisのPoser用データ)

先にダウンロード、インストールしておこう。

Aiko5 付属物

  • フィギュア > DAZ People > Aiko 5
    • Aiko5本体
  • ポーズ > DAZ Genesis > Aiko 5
    • ポーズ20種類
  • マテリアル > DAZ Genesis > Aiko 5
    • 全身マテリアル適用
    • 目のマテリアル5種
    • 目のスペキュラ(テカリ)オン・オフ
    • メイク5種
    • 性器のテクスチャ
    • まつ毛のマテリアル2種

 順に見ていこう。まずは、フィギュア本体から。

 もし、Aiko 5をシーンに呼び出したのに何も現れなかったら、Genesisがインストールされていない可能性が高い。
 通常は、画面にDSON Importer関連のメッセージが出て、しばらくするとシーン内にAiko5が現れるはずなのだ。


▲DSON Importerのメッセージ


▲そして、Aiko5が現れる

Aiko5には、表情モーフが仕込まれている。あとは、Genesis用のモーフで体型などは大雑把に変えられる。

より細かくカスタマイズするには、Genesis用のモーフセットを購入する必要があると思う。たぶん。

続いてポーズ。

女性っぽいポーズの他、なぜか「禅」のテイストが入ったポーズが数点。
適当に使おう。

最後に、マテリアル。

 Aiko5は呼び出すだけでマテリアルなどが設定された状態で出てくる。

 しかし、別売りのテクスチャセットなどを使っていて、
 「元のAiko5デフォルトテクスチャに戻したいよう」というときに使うのが「Aiko 5 All」だ。

 Aiko5のデフォルトテクスチャを再設定してくれる。

 その他、目の色を変えたいとか、顔の化粧具合を変えたい場合はそれぞれ「Aiko 5 eyes xx」、「Aiko 5 Face xx」を適用しよう。

 Eyes Reflection Map と Eyes Reflection Mapは、目のキラキラマテリアルをオン・オフするためのもの。

 Aiko 5 Genitalsは、んー、適用したら腰とフトモモが非表示になった。なんだこれ。

 最後のAiko 5 Lashesは、まつ毛のテクスチャを切り替えるもの。

レンダリング

 Aiko 5 のマテリアルは、かなり凝ったものが設定されている。

 レンダリングをオプションを適切に設定すれば、
 かなりリアルな感じにレンダリングできるはずだ。

 どういう設定にしたらいいかさっぱりわからない、という人のために
 私が使っているレンダリング設定を載せておこう。

 テキトーに設定している項目も多々あるけども、
 それなりにレンダリングされるはずだ。

まとめ

 好みにもよるが、造形は、違和感のない仕上がり。Aikoらしさを失わず、なかなかの美人さんに仕上がっていると思う。

 ただ、DSON Importerで「とりあえずPoserで使える」というカンジなので、ちょっとポーズを変えると、服から身が盛大にハミだすのだ。

 まあ、Genesisのウリの一つが、どんだけ体型やポーズを変えようとも、わりとキッチリ服が自動フィットするよ、ということだったと思う(たぶん)ので、
 しょうがないか。

 というワケで、Poser上では100%の真価を発揮できなさそうなので、
 それでもいいから使ってみたいという人や、DAZ STUDIOで使うという人なら、購入してみてもいいんじゃないだろうか。

 


  Aiko 5

 Genesisベースの、半デフォルメ女性フィギュア。

 マテリアル(目の色5種、メイク5パターン)、ポーズ20種が付属。


 

関連:
DAZ3D3Dに無料登録してみる
DAZ STUDIOをインストール
GenesisをPoserから簡単に呼び出すことができる 夢のようなツールDSON Importer for Poser

コード付き、Python便利ツール集
Poserパイソンサンプル集(ソース付き)
ランダム表情、ランダムポーズパーツセレクター、マテリアルコピー、拡張版ドットツールを日本語コメント満載のソースコードつきで提供。開発時に私がハマッた「ハマりポイント」を画像付きで解説したPDFも付属。画面のないスクリプト、tkinter(Poser7までのGUI)、wxpython(Poser8のGUI)別に実用的な各種ツールを掲載。


誰でもわかるPoser服作りチュートリアル
Poserチュートリアル「挫折しない服作り編」
PoserでコンフォームTシャツを作る手順をくどいくらい丁寧に解説。難解な「ジョイントパラメータ」についても図をたっぷり使って解説している。Poser6J、Hexagon前提。初級~中級用。PDFダウンロード形式


メタセコデータをPoserフィギュア化する手順を解説
Poserフィギュア化チュートリアル
makehumanから出力した3D人体を元に、メタセコイアとCR2Builderを使ってフィギュア化する手順を解説。CR2Builderリファレンスも付属


Poser覚書> もくじ